「髪丸」育毛のたった6つのポイント

「髪丸」育毛のたった6つのポイント

「髪丸」育毛のたった6つのポイント

育毛についてあまりに色々な情報が飛び交って訳が分からなくなってきています。そこでこの6つさえ覚えてておけば、普段の生活で守るべき「育毛の良い習慣」を続けることができます。

1.育毛のたった6つのポイント

髪,育毛剤.育毛,シャンプー,髪チェック,カット,パーマ,毛染め,美容,理容,hair growth

 

育毛については色んな話がありますが、なかなか覚えられないのが実情です。あまりに色々な情報が飛び交って訳が分からなくなってきています。そこでどうしてもこれだけは知っておきたい情報をプロの観点から考察します。

 

この6つさえ覚えてておけば、普段の生活で守るべき「育毛の良い習慣」を続けることができます。それでは守るべき「育毛の6つの習慣」とは何でしょうか?

 

1)頭皮を適度に清潔にする(洗いすぎない)

 

頭皮を綺麗にする、あるいは清潔にするのは大切なことですが大事なのは「適度に清潔にすること」です。適度ということは洗いすぎも良くないということです。よく徹底的にシャンプーするべきだとか、皮脂は全部落とすべきだとかというようなことを聞きますが、ここに落とし穴があります。洗いすぎますと頭皮は皮脂を補おうと余計に皮脂を出すので脂性になります。

 

もちろんこれも個人差があり、ある人は頭皮が乾いてフケがでたりする人もいます。またある人は脂性になります。

 

つまり極端が良くないのであって適度にシャンプーすることが大切です。

 

ある理容師が「シャンプーを使ったことがない」といっていましたがその人は年をとっても毛がありました。毛は短いのですが、いつもお湯だけで洗っていたそうです。

 

これも個人差があると思いますが、徹底的にシャンプーをするのは良いかは考えさせられる例です。

 

最近は頭皮の汚れを非常に細かい泡で落としてくれるシャワーノズルが画期的な発明として注目を集めています。私も購入しました。

 

そのシャワーノズルは、体があったまり、「超微細な気泡」により3つの美容作用「洗浄」「保湿」「温浴」を発揮します。

 

お湯だけで「超微細な気泡」を作り、頭皮のかゆみが取れ、驚くほど清潔になります。しかもシャンプーの副作用なしです。

 

高い育毛エステに行って洗浄をしてもらわなくても、家のふろでいつでも好きな時に「超微細な気泡」がエステ並みの頭皮洗浄を行います。

 

頭皮をこのシャワーノズルでハイテク洗浄をして、時々アミノ酸シャンプーなどの害の少ないシャンプーで洗うというのも一つの良いサイクルです。(Amazon)

 

株式会社TKS マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Wide(ボリーナ ワイド)」 (シルバー)

【極小気泡&節水50%】●マイクロナノバブル(ファインバブル)の「超微細な気泡」により3つの美容作用「洗浄」「保湿」「温浴」。お肌をやさしい水流で流します。ご自宅のシャワーヘッドと取り替えるだけ。カートリッジ・フィルターの交換は必要ありません。●水道代金、光熱費の節約。水道代金は一年当たり約20,000円の節約に

 

そこへ適度にシャンプーを行えばよいでしょう。シャンプーの回数ですが、一度はお湯だけで洗う日を設ければよいと思います。そしてその次はシャンプーを使って洗います。

 

つまりお湯で洗う日を自分の体質や髪の長さ、量で決めるのです。そうすればあなたの髪似合ったシャンプーのサイクルが見つかります。

 

2)シャンプーは害の少ない天然系アミノ酸のシャンプーを使う

 

シャンプーの添加物は多いのですが、一番良くないのは、石油(鉱物油)を使って大量に安く作られる、洗浄力の強い「合成界面活性剤」です。

 

それは、ラウリル硫酸ナトリウム(AS)等が主流です。現在一般に売られているシャンプーではこの成分がよく使われています。

 

「合成界面活性」剤は皮膚の脂肪分を取り去り、「細胞膜」を破壊します。あまり洗浄力が強すぎると「皮膚の抵抗力」が落ちてしまい、「肌荒れ」「細菌感染」「アレルギー」の原因となります。そこで引き起こされる症状は「頭皮の痒み」「フケ」「抜け毛」あるいは「かさぶた」などです。

 

「アルキル」「ラウリル」の語の後に「ベンゼン」「フェノール」などの語がついていたら、「合成界面活性剤」です。

 

できればそれはやめて、天然系のアミノ酸シャンプーをお勧めします。下記はその一例です。(Amazon)

 

 

夜にシャンプーをしたら必ず完全に髪を乾かす

 

大切なことがあります。それは夜シャンプーをしたら必ず完全に髪を乾かすことです。

 

湿ったまま就寝すると雑菌が繁殖し頭皮トラブルの原因となります。

 

よく乾かした後にドライヤーの「冷たい風」で頭皮を乾かします。熱くないので頭皮に近づけても熱くありません。

 

また熱い風の後に冷たい風を当てると髪に自然なつやが生まれるので一挙両得です。

 

3)育毛に効くマッサージを適度にする

 

*頭皮 には「 毛穴」があり、その毛穴には「皮脂腺」があります。

 

この皮脂腺や 毛根には「脂質」と「老廃物」がたまり易いのです。

 

この毛穴 の汚れや皮脂については、今までも何度も取り上げましたが他に、こういう話もあります…。

 

人間は体の毒素を汗、尿、便等から排出しますが、実は髪の毛や皮脂からも排出しているというのです。

 

特にミネラルでも「有害なミネラル」は油に溶けやすいのでこの「皮脂」からも排出されます。

 

ですから適度に毛穴の皮脂や汚れを排出することは大切なことなのです。

 

そこで「頭皮マッサージ 」で頭皮や毛穴をきれいにしましょう。

 

頭皮マッサージの利点は以下のようなものが挙げられます。

 

1)毛穴に溜まったものを排出しやすくします。

 

2)体がリラックスして血流が良くなります。

 

3)体の老廃物が尿で排出されます。

 

この様にいいことずくめなんですね。こちらの方は育毛エステなどで行われている方法で「搾り出しをする」という感じです。

 

今回はもう少し「頭皮マッサージ」的に気軽に行う方法をご紹介いたします。

 

1)両手を頭皮の角において指を立てます。(つめは絶対に立てない)

 

2)そのまま少しだけ頭皮に圧力をかけます。(強く押さえると髪 や頭皮をいためます)

 

3)そのまま頭頂に向かって寄せるようにして動かします。(頭皮自体を動かす。髪の上を滑らすのではありません)

 

4)次は同じように頭皮を前後ろに動かします。

 

つまり、「額のほうに寄せる、後ろのほうに寄せる」…です。

 

これで「前後左右」にマッサージしました。回数は決まっていませんが、それぞれ10回以上はしましょう。指の位置をずらしていってもいいかもしれません。

 

これは、お金のかからない育毛法+健康法になります。なぜなら次のような効果もあるからです。

 

1)血行を良くする「つぼ」を刺激する。

 

2)腎臓の働きを良くする「つぼ」を刺激する。

 

3)顔の「リフトアップ」に役立つ。

 

「顔のたるみ」にも利くなんて、若さを保ちたい方には良いですね。これならちょっとした時間にもできます。ぜひやってみてください。

 

その後、夜にシャンプーを正しい方法で行ってくださいね。

 

4)良質の「タンパク質」をとりバランスの良い食生活をする

 

よく髪の毛は昆布がいいとか、繊維質がいいとか言いますが、髪の原料は「ケラチン」というタンパク質です。ですから良質のタンパク質を取ることが大切です。

 

昆布などのミネラルは体を健康に保つので有効です。体が健康になっていないと髪は生産されません。

 

そして驚いたことに、髪は一番最後に栄養が到達するところなのです。後回しなんです。だから色んな栄養をバランスよくとることが必要なのです。

 

もちろん夜更かしや遅い時間に食べることまよくありません。夜の10時から深夜の2時の間は栄養を脂肪に変えるホルモンが10倍でるのです。

 

余計な脂肪ま育毛によくないのは言うまではありません。

 

5)本当に有効な育毛剤や育毛トニックを使う

 

市販の育毛剤や養毛トニック、結構高いです。研究費や材料費も入っているのでしょうが、普通のトニック等と比較すると倍以上します。

 

トニックは水とアルコールそれに香料少々…それだけで何千円もするのですから驚きです。かといって私たちはそれを作れません。

 

育毛剤や養毛トニックは血行をよくする成分や栄養補給、細胞賦活作用、抗炎症、抗菌作用、毛母細胞、毛乳頭への作用等の効果を狙ったものが殆どです。

 

多くは「医薬部外品」でして、今のところ「医薬品」として認められているのは、 ミノキ.....、塩化カルプロニウム、セファランチンなどです。

 

有名なのはミノキ.....ですが、日本では「リアップ」という製品名で販売されています。これは医学的に認められた物の一つです。

 

よくお客さんに「育毛剤ってホントに効くの?」って聞かれましたが、私は「抜け毛予防程度の効果はあります」と答えています。

 

「どういう風に予防するか」と聞かれますと、こう答えています。「たとえば、5年で薄くなるのを10年に延ばします。だから、将来に向けて育毛をするというコンセプトで使ってはいかがでしょう。」といいます。

 

実際はもっと効果があるのですが、効き目は個人差があるので予防線を張ってます。

 

「積極的な育毛剤や医薬品として認められるもの」が現れました。これが本当に効果が認められたものです。

 

いわゆる「発毛効果があるものです。」日進月歩です。いずれは完全な育毛剤もあらわれることでしょう。

 

今一番評判がよく育毛ランキングでも1位に上げられる商品をご紹介します。(Amazon)

 

チャップアップ

【医薬部外品】育毛保証書付チャップアップ(CHAPUP)育毛剤(育毛ローション)お試し1本
チャップアップは50種類の有効成分を配合した育毛剤です。そのため、チャップアップは色んなランキングでナンバーワンを獲得しています。

 

しかも、AGA関連の医師からも高い評価を受けており、その結果「満足度が高い育毛剤」、「抜け毛が減る育毛剤」の部門で全て1位を獲得しているようです。

 

それもそのはずで「AGA」などの薄毛対策クリニックなどで「処方」されていた「クリニック専用」の限定育毛剤だったという経緯があります。

 

驚くべきことに、使用者の97%が満足と回答する育毛剤なのです。ニュースアプリなどで大げさな効果をうたっている記事がありますが、ほとんどはこの育毛剤です。

 

この育毛剤二は「返金保証」がついていて、丸ごと1本チャップアップの育毛ローションを使用してから頭皮の様子を確認し、自分に合っているかどうかを確認してからでも返金が可能なのです。

 

これはうれしい制度です。また安心の制度で、よほど製品に自信がある証拠でしょう。

 

男性の薄毛・女性の薄毛にも育毛促進作用の効果が期待でき、結果「すべてのタイプの薄毛に使える育毛剤」と言えます。

こんなことありませんか?

 

ひとつでもあった方は育毛剤の使用スタートのサインです!

 

ハリ、コシがなくなった気がする。鏡を見るのが嫌になるシャンプーの後、寝起きの枕の抜け毛が気になる

 

自分でも違いに気づいてきた。人の視線が生え際に フケ・かゆみが気になる、方などに最適です。

 

次の製品も多くのランキングサイトで1位を獲得しています。返金保証などをしている製品です。そういう制度を設けるのはかなり自信があるのでしょう。

 


【薬用育毛剤】ポリピュアEX 1本[男性用/女性用]【医薬部外品】無香料

遺伝・年齢のせいにしないトータルヘアケア。

“悩んでいた若者”から“諦めかけていた中高年”まで多くの方々にご愛用いただきシリーズ累計400万本突破!!*2017年11月時点
従来の栄養を与えるだけの育毛ケアとは一線を画した独自のバイオテクノロジーで開発されています。

 

【1】すべての薄毛タイプに着目!『4つの有効成分』

 

4つの有効成分を独自の黄金バランスで濃密配合!抜け毛を防ぎ、発毛を促進します。

 

有効成分:ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、パントテニルエチルエーテル

 

【2】独自成分『バイオポリリン酸』従来比30%増量!*1

 

不安定な情報伝達に着目。ポリピュアEX独自のアプローチ発想を採用。

 

【3】新たな独自成分『バイオパップス』配合!*2

 

不安定な持続性に着目。ポリピュアEX独自の新アプローチ発想を採用。

 

【4】本格ヘアケアに必要な成分を必要なだけ『とことん凝縮』!

 

男性型に着目した「チョウジエキス」「ヒオウギ抽出液」*3、

 

有効成分をサポートする「ホップエキス」「レイシエキス」*3、

 

ポリリン酸との相性にこだわった「加水分解コラーゲン」*3をたっぷり配合。

 

【5】一切の妥協なし!『低刺激性*4』への徹底したこだわり!

 

敏感な頭皮でも余計な負担を感じることなくご使用いただくために

 

「アレルギー試験済み」「皮膚一次刺激性試験済み」「累積刺激性試験済み」

 

「感応性(スティンギング)試験済み」を確認しています。「あきらめた人に使って欲しい育毛剤」 ポリピュアはべたつかず使いやすいです。

 

育毛剤には個人差があると思いますが、半年間使い続けて変化を感じています。発売してから7年以上も売れ続けているみたいなので、少なくとも一定数の人には効果があるのだと思います。

 

ポリピュアEXは、国際的な品質評価機関「モンドセレクション」で

 

2012年から2018年まで7年連続で金賞を受賞した育毛剤です。また、

 

2014年、2017年にはインターナショナル・ハイクオリティー・トロフィーも受賞しています。

 

 

あと他にはAGAの皮膚科で処方しているミノ...やフィナ....が有名ですが、医師の指示のもとに使用しなければいけません。こちらの方は使用をやめると効果は無くなります。

 

自然な方法で頭皮の髪を守るのも王道の一つです。理にかなった手法をするべきです。

 

6)猛毒のストレスをためない

 

AGAの場合は直接的には関係がありませんが、ストレスが血行を悪くすることはありうるので、やはり「イエス」と言えましょう。

 

特に「円形脱毛症」場合はストレスが主な原因であると考えられています。メカニズムは…

 

交感神経が刺激される→血管収縮→毛髪の成長に影響→脱毛という具合です。

 

しかし「ストレスってどんなもの?私には無いよ!」と思われるかもしれませんので、下に例を挙げておきます。

 

精神的ストレス:家族の病気、死 人とのトラブル 恋愛の悩み 結婚のこと 出産 育児 離婚 別居 体の悩み 将来の不安 介護 仕事の適応性 借金 倒産 高齢化 親の高齢化

 

社会的ストレス:職場での対人関係 昇進 転勤 出向 海外出張 単身赴任 成績 ノルマ 通勤ラッシュ 
リストラ 定年

 

物理的ストレス:暑さ寒さ 湿度 紫外線 大気汚染 ホコリ 煙 過度な冷暖房 過度の照明 騒音 振動 ゆれ カビや細菌

 

肉体的ストレス:病気 労働 育児 体の障害 等による肉体的疲労 睡眠不足等様々です。

 

思い当たるフシはあったのではないでしょうか?しかしこれらは誰にでもあるストレスですので避けるわけにはいきません。ですから上手に「ストレス解消」を行ないましょう。

 

たとえば…*好きなことをする。*普段と違う事をする。*たまには贅沢をする。などです。

 

そしてなるべく「肯定的な言葉」を出しましょう。プラスの言葉です。最近「引き寄せの法則」という本を読みましたが、こういう本を読んでいるとストレスに強くなると思います。工夫してストレスのマイナス要因を減らしていきましょう。

 

それと帽子をかぶったら「薄毛」になるかというとイエスです。

 

これは半分本当です。なにしろ、「ヘルメットはげ」という言葉があるくらいです。つまり、帽子は頭皮が蒸れるのです。当然育毛には良くありません。ヘルメットは蒸れるだけではなく、重みの為「血行」が悪くなります。

 

しかし、帽子は利点もあります。それは「紫外線から毛を守る」という点です。紫外線は「髪」にも「地肌(炎症を起こす)」にも良くありません。

 

帽子を選ぶなら、「白」は紫外線を通しますので「黒」か、色の濃いもので、風通しの良いもの(メッシュ等)を選び、同じように時々日陰等ではずして風を通しましょう。

 

6つの育毛の合言葉

 

この6つの合言葉だけで基本的にはどなたの育毛に役に立つものです。この6つは私が40年間髪のプロをしていて何万人から聞いた情報にも基づいています。私は公的病院で男女の髪を扱ってきました。

 

1)頭皮を適度に綺麗にする

 

2)シャンプーはアミノ酸のシャンプーを使う

 

3)適度にマッサージをする

 

4)良質の「タンパク質」をとりバランスの良い食生活をする

 

5)育毛剤や育毛トニックを使う

 

6)ストレスをためない

 

これを心構えにして、育毛を行いましょう。

 

2.育毛を邪魔する原因のメカニズム

髪,育毛剤.育毛,シャンプー,髪チェック,カット,パーマ,毛染め,美容,理容,hair growth
育毛を阻止する原因は何でしょう?それは私たちにとっては味方てあるはずの「男性ホルモン」がある時育毛を阻止する悪役に豹変することから始まります。

 

「5a-リダクターゼU型」に出会うと男性ホルモンは悪玉DHTに

*「男性ホルモン」のテストステロン=TS」という男性ホルモンの一種が、毛根の中の「毛乳頭」に多くある「5a-リダクターゼU型」に達すると、「ジヒドロテストステロン=DHT」という「髪の毛キラー」に変化します。これが毛髪を「若死に」させて、薄毛の原因になります。

 

この「悪玉DHT」は「善玉男性ホルモン」よりも強力なホルモンなので、生成されると、頭皮に強力に働きかけます。

 

またその量も個人差があり、同じようにこのホルモンに対する「感受性」も一人一人個人差があることが解っています。

 

「悪玉DHT」はどんな悪さをするか?

髪,育毛剤.育毛,シャンプー,髪チェック,カット,パーマ,毛染め,美容,理容,hair growth

 

つまり「悪玉DHT」が少しあるだけで脱毛が始まる人や、ある程度の量になってから脱毛が始まる人がいるということです。

 

そして通常なら「5年」ある「成長期」が、たった「1年」で終わってしまい抜けていきます。つまり「早死に」です。

 

弱った「毛根」からは「3ヶ月後」に新しい毛が生えてきますが、又「1年」も経たないうち脱毛していきます。

 

それを繰り返すうちに、「毛根」は小さく縮んでいき、細く短く、色も薄い、よわ弱しい毛が増えていき、ついには「うぶげ」のようになり最後にはその毛根からは「新しい毛」が生えなくなってしまいます。

 

これらすべては、「髪の毛キラーDHT=ジヒドロテストステロン」が原因なのです。

 

「髪の毛キラー」DHT=ジヒドロテストステロンをやっつける

 

髪,育毛剤.育毛,シャンプー,髪チェック,カット,パーマ,毛染め,美容,理容,hair growth

 

「5a-リダクターゼU型」に出会うと「髪の毛キラーDHT」が増えます。DHTが無ければ「脱毛」は起きないのですから、この「髪の毛キラーDHT」の数を増やさないことが治療のポイントになるわけです。

 

DHT を増やす「5a-リダクターゼU型」はどこにあるのか?

 

このDHTを増やす働きのある、毛根の中の「毛乳頭」に多くあります。日本では、「5a-リダクターゼU型」をブロックする薬が認可されています。

 

「a-リダクターゼU型」は「前頭部」「頭頂部」の「毛乳頭細胞」「毛母細胞」と「前立腺」のみにあります。

 

もちろん育毛剤が、血行などをよくするのも、手段の一つであることは言うまでもありませんが、DHTをブロックするのが一番の効力を発揮することは間違いないです。

 

最近の薄毛治療の狙いの一つです。

 

3.脱毛のタイプを見分ける

髪,育毛剤.育毛,シャンプー,髪チェック,カット,パーマ,毛染め,美容,理容,hair growth

 

脱毛 には大きく分けて2つのタイプがあります。つまり、「進行性の脱毛」と「一時的な脱毛」です

 

ここで重要なことは「あなたの髪の状態はどちらに属するか?」ということです。

 

それをはっきり認識する必要があります。そうしない治療の対処法が変わってくるからです。

 

ではまず「消去法」を用いて前者からチェックしていきましょう。

 

一時的な脱毛

 

このタイプで一番多いのが「円形脱毛症」ですが、ほかにも様々な原因で起こりますが、いくつかのタイプを挙げてみましょう。

 

ストレスによる脱毛

 

非常に強いストレス(職場が変わった、生活の場が変わったなどで起こる)を受けて一時的に脱毛するものです

 

これはご自分の周りを見て、そういう変化があったかどうかを考えればわかりますが、ストレスや生活状態を改善すると自然に止まります。

 

これはいわゆる「男性型脱毛症」とは違ったものなので、継続的には起こらず、たとえば周りの環境に慣れてくれば次第に収まるはずです。

 

もし、それが続くようでしたら他のタイプを考えなくてはいきません。

 

他の原因がたまたまその時期に重なっただけかもしれないからです。

 

又抜け方も「環境が変わったら、突然抜け毛の数が増えた」という感じですから、わかりやすいと思います。

 

 

血流の障害による脱毛

 

血流の障害?と思いますよね。髪を作る材料である「血液」が十分行き渡らない場合に起こります。 それはどんなものでしょうか?

 

一番解りやすいのが「過激なダイエット」です。つまり「過度に偏った栄養障害」ですね。毛髪を作る材料が少ないのですから当然の結果です。

 

「栄養」については「育毛の6つのポイント」でお話いたしまたが、「睡眠不測」や「喫煙」なども悪い要素として加わります。

 

ずっと続けている「不摂生」などは自分では解りにくいですけど、「過激なダイエット」などは原因がはっきりしていますので、チェックしてみてください。

 

但し、血流の障害はすべての「脱毛」に関係していることは知っておいてください。何故なら「髪は血液から作られる」からです。

 

 

頭皮の問題による脱毛

 

これは皮膚炎の場合で、 脂漏性脱毛症や粃糧性(ひこうせい)脱毛症などがありますが詳しくは下記に書いてあります。

 

この場合はいわゆる「一般的なフケ」とは違ってちょっと頭皮をみると、「うわーひどい!」と思わず言ってしまうようなひどい状態です。頭皮に油やあるいは乾いた白い塊がびっしりという感じです。

 

これはご自分でも我慢できない状態の「炎症」ですからお医者さん(皮膚科)に即、行く必要があります。

 

もちろん「フケ」は頭皮が良くない状態のときに出るのです。しかし正しいシャンプーやヘアケアで改善できます。

 

通常の「ちょっと油性」とか「ちょっとフケ性」かなっていう程度なら、次へ行きましょう。

 

 

内科的な病気からくる脱毛

 

これも色々ありますが一応あげておきます。

 

内臓疾患、高熱性疾患(高い熱が続いたとか)鉄欠乏症貧血(鉄分が不足して起こる貧血)甲状腺の病気等です。

 

肝臓とかが悪い方が脱毛しているのを見たことがあります。

 

あとヤケドやケガ、抗がん剤による脱毛もありますが、病気の場合は良くなると生えてくる場合が多々あります。

 

抗がん剤も治療が終わればすぐに生えてきます。しかし、ケガやヤケドの場合は生えてこない場合があります。

 

よほど気になる内科的症状が見当たらないのなら先に進みます。

 

 

円形脱毛症

 

これは私たちの仕事をしている者はよく見かけているものです。 突然10円玉くらいの「ハゲ」が現れます。

 

なんの前触れも無くある日、理美容師から「あれ!お客さんここ、」という感じで発見されることも少なくありません。

 

原因は「ストレス説」や「自己免疫疾患の一種説」などが考えられていますが、まだ完全には解明されていません。

 

ただ私の経験では「ストレス説」のほうに分があるように思います。殆どの方が自然に治っておられますが、時間は少しかかります。

 

最近は治療法も確立されつつありますので、皮膚科に行かれたらよいと思います。特に何箇所にも及ぶ場合は注意が必要です。最悪、全体に及ぶこともあるからです。

 

 

進行する脱毛

 

おそらく私たちの戦いはこの範疇でのものになると思います。つまり「AGA」です。

 

殆どの「薄毛」「脱毛」に関する悩みを持つ人はこの「進行する脱毛」に悩んでおられます。

 

これも2つの種類があります。

 

老化(加齢)による脱毛

 

年をとると体全体が衰えてきますが、 これは自然なことで年齢による衰えで脱毛が始まることもあります。

 

つまり「年には勝てない」ということなのですが、20代30代でこうおっしゃる方はおられないでしょう。

 

しかし皮膚の老化は20歳過ぎると始まっています。次の男性型脱毛症を伴っているケースがほとんどです。

 

男性型脱毛症AGA

 

そして「真打」の登場です。 私たちを悩ませる「脱毛」の代表選手がこのAGAです。

 

詳しくは次で説明しておりますが、殆どの方はこれが薄毛の原因とされます。

 

男性特有の「脱毛症」なのですが、最近女性にもあることがわかってきました

 

ではこれは、どういう症状があるのでしょうか?

 

主に、前頭部から頭頂部の髪が薄くなってくる。

 

実はこの「どの部位が薄くなるか」が大切なのです。

 

あまり耳の周りが禿げたなんて話は聞いたことがありません。むしろそこは「残る部分」です。

 

これはホルモンに対する感受性の違いによるもので、場所によって影響度が異なります。

 

最近は若い方でこの症状で相談なさる方が本当に増えているように思います。

 

そこでその症状の特徴ですが、以下のようなものが報告されています。

 

抜けた髪を見ると、「短くて細い」

 

これは重要な判断材料です。一言で言いますと、「成長しきらない内に抜けてしまった」という危険信号です。 「正常な脱毛」ではないのです。

 

次第に「うぶ毛」のような状態になっていきます。いったん始まると進行し続けます。

 

前述のように、「前の両生え際」や「天辺」が薄くなってきます。細くなる、コシがなくなる→産毛のようになる→脱毛、という過程を経て減っていきます。

 

 

両親、祖父母、兄弟に髪の薄い人がいる

 

残念ながら遺伝することがわかっています。

 

それは「薄くなる位置」や「度合い」などが遺伝します。

 

思春期よりあとに薄くなってきた。

 

しかも少しずつ進んでいる。

 

つまり早い人はそのころから始まってきます。

 

このような、「進行性の脱毛症AGA」が世に言う「若禿」等というものの正体です。

 

そしてこの中でも、「男性型脱毛症AGA」こそが私たちが戦うべき相手なのです。

 

又、「加齢」は「男性型脱毛症」に影響を与えますし、しかも後に出てきます「漏性脱毛症」等、複数の要因が絡まっている場合が多く、それらを含めて総合的に「育毛」を行っていく必要があります。

 

4.育毛シャンプーの3つの種類

 

シャンプーは毎日、直接頭皮につけないで、髪につけることが大切で、その際、自分の頭皮にあったものをチョイスするがとてもに大切です。使おうとするシャンプーの種類によっては、育毛にプラスの効果もマイナスの効果もどちらも与えてきます。

 

シャンプーにいかなる種類があるかを知り、自分の髪にふさわしい育毛効果の高いシャンプーの選び方を学びましょう。

 

シャンプーの種類は洗浄する成分や製造の手法によって、次の3つに大きく分けることができます。

 

高級アルコール系シャンプー

 

高給アルコール系シャンプーは、どこでも売っている普通のシャンプーですが、良い香りがあったり指の通りが良くなったりと使い勝手はいいのですが、とても浄力が強いので頭皮を損傷してしまいます。

 

添加物が大量に含んでおり、洗い残しとして、存在しており育毛対策には向いていません。添加物の恐ろしさは、党の美容師の手があれることから、お判りでしょう。

 

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーは、頭皮へ刺激が少ない、汚れもよく落とせるのですが、髪の毛がゴワつくがするのが欠点です。最後に酸性リンスで中和する必要があります。

 

下記の石けんシャンプーは臭いがあまりなく、この手のシャンプーでは泡立ちが良い方です。頭皮の汚れを落としてくれます。ただしロングヘアの方にはリンスは多く必要ですので消費が速いです。酸性のもので中和する必要があるので、リンスは使ってください。レモン水でもよいです。

 

ミヨシ 頭皮をあらうせっけん本体+専用リンス本体セット

 

アミノ酸系育毛シャンプー

アミノ酸系シャンプーは洗浄成分にアミノ酸系の天然成分を使用しています。植物から作られており、頭皮にも影響がすくな、刺激もあまりありません。少しお高いですが、理想的なシャンプーです。

 

頭皮保護のためはある程度の分泌が必要な「皮脂分泌」もちょうどよくに調整できるので育毛環境改善にはよい環境をを作ることができます。アミノ酸シャンプーをもう一つご紹介します。こちらのシャンプーは特に香りがよく、まとまりがとても良くなります。

 

ベルーガ アミノ酸 シャンプー アミノシャイン 400ml

 

5.育毛トニックの効果は?

 

市販の育毛剤や養毛トニックは結構高いです。研究費や材料費も入っているのでしょうが、普通のトニック等と比較すると倍以上します。

 

トニックは水とアルコールそれに香料少し、それだけで何千円もするのですから驚きです。でも私たちはそれを作れません。

 

育毛剤や養毛トニック、は血行をよくする成分や栄養補給、細胞賦活作用、抗炎症、抗菌作用、毛母細胞、毛乳頭への作用等の効果を狙ったものが殆どです。

 

育毛トニックを販売する花王のサイトでは、「毛を太く育てて、抜け毛を防ぐ効果があります」と書かれています。

 

ただ、本当に効果があるのか、あるとしたら具体的にどのような効果があるのか、よくわからないですよね?

 

「育毛トニックには、実際にどのような効果があるのか?」を検証しましたら、育毛トニックで効果を実感した…87%サクセスで効果を実感しなかった…13%となっており、9割近くの方が効果を実感したことはわかりました。

 

6.育毛 サプリはどんなものがあるか?

よく言われているのが、、ワカメが髪にいいとかというのは聞きます。しかしあまり根拠はありません。大切なのは「血行」で、髪は「タンパク質」で出来ているので、タンパク質は必ず取りましょう。

 

下記の引用はよくまとめていると思います。専門用語もありますので、掲載いたします。

 

薄毛はさまざまな原因によって進行するため、栄養補給だけでなく複数の原因にアプローチできる「ヘルス系サプリメント」がおすすめです。

 

ただし、商品には「ヘルス系」「ベース系」の記載がないため、下記の「ヘルス系育毛サプリの代表成分」が入ってるかどうかをチェックしましょう。種類に分けた成分が、それぞれ1つ以上入っていればOKです。

 

ヘルス系育毛サプリの代表成分

 

ケラチン:髪の成長を妨げる「栄養不足を補う成分」亜鉛髪の素となるケラチンたんぱく質を作る。抜け毛予防にも働く

 

ミレットエキス:「シスチン」というアミノ酸を含み、髪の素となるケラチンたんぱく質の原料となる。毛の成長につながるL-リジン

 

コラーゲンペプチド:コラーゲンを小さくしたもの。真皮(頭皮の奥深く)の細胞となるアミノ酸を含み、毛が育ちやすい頭皮を作る

 

ケラチン加水分解物:分子量が数千あるので、皮膚に浸透することはなく、表皮の外側を保護し、乾燥を防ぎ水分を保持するコンディショニング作用がある

 

ノコギリヤシ:ヤシ科の植物。AGAの原因となる脱毛酵素(5-αリダクターゼ)を抑制して、抜け毛を防ぐ

 

イソフラボン:大豆に含まれる成分。女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする。相対的に薄毛に影響する男性ホルモンの働きを抑制して、抜け毛を防ぐ

 

ナツシロギクエキス(フィーバーフュー):薬用ハーブとして古くから使われる植物。毛を作り出す細胞を活性化させて、発毛を促す

 

カプサイシン:Amaz唐辛子の辛み成分。血行を促し毛の成長をサポートする。イソフラボンと一緒に摂ると、毛を作る細胞を活性化させる「成長因子」の生成を促す

 

菊芋:イヌリンという食物繊維が、毛を作る細胞を活性化させる「成長因子(IGF-1)」の生成を促し、発毛をサポートする

 

高麗人参:血行を促して、毛を成長させる。育毛剤では「ニンジンエキス」という成分名で配合される

 

ご覧のように、育毛サプリメントの成分は「髪の栄養補給」と「抜け毛予防」「毛の成長促進」に働くことが分かります

 

引用:育毛サプリおすすめランキング|抜け毛や薄毛に効果的な人気13選

 

7.育毛剤は男性のためのものか?

 

育毛剤は男性のためだけか?という問いに対しては、そのメカニズムを知る必要があります。そこで現代社会とストレスについての考察をいたします。ストレスは猛毒であるという医師もいます。

 

現代社会とストレス

 

こころと身体がどういうふうに関係しあうかというメカニズムについては、きわめて複雑で、われわれの常識を超えるものがあるというほかはなく、まだ充分にはわかっていないところがたくさんあります。

 

現代社会は、経済的に豊かになり、科学技術も高度に発達し、より便利で快適な生活が実現しているわけですが、「ストレス社会」ともいわれています。

 

ますます激しくなる競争社会、管理社会のなかで、現代人は多くのストレスを抱えており、それが原因で「こころの病」にかかる人が増えているのです。

 

現代人のこころの病の要因には、管理社会、競争社会によるストレス以外に、高齢化社会によって増えたストレスもあります。

 

医学の進歩で平均寿命は長くなりましたが、高齢者には、孤独や家族との軋轢、死への不安といったこころの負担や種々の身体的障害がつきまといます。そのために精神的に支障が起きやすくなるのです。

 

そのストレスは育毛に多大な悪影響を及ぼすことがわかってきています。それでは、女性はどうなのでしょうか?

 

8.育毛剤と女性

*「女性 はハゲにならない?」なんていうのは昔から言われてきました。でも最近ではそうも言えないみたいです。

 

女性ホルモンが更年期に減る?

 

理由は「女性ホルモンが更年期に減る為、脱毛する場合があるからです。

 

つまり「排卵の停止」が原因になって女性ホルモンが減っちゃうのです。

 

それ以外にも、「出産」「ピルの使用」「過度なダイエット」「髪を引っ張った」等、結構その原因も多種多様です。

 

しかし、最近では注目すべき原因が現れています。それは、「ストレス」なんです。

 

現代女性のストレス

家でいるときのストレスではありません。いまや、女性は会社でも欠かせない存在となっています。その為に、家庭でいるときにはないストレスがかかっているようです。

 

つまり「仕事」と「育児、家事」両方をしなくてはいけないので、余計にストレスがたまっていると言うことらしいのです。しかし、驚がく的な説があります。

 

それは「女性の男性化」と言うことです。逆に「男性も女性化」してきているのですが、驚くべきことに「実際に男性ホルモンの分泌が多い女性が増加している」のです。

 

社会進出はしたものの、薄毛になったでは割に合いません。でも、何で女性に男性ホルモンがあるのって思いません?

 

食生活や毛染めの増加

 

実は男女とも両方のホルモンを持っているのです。ただ、男性は男性ホルモンが女性は女性ホルモンが多いだけなのです。

 

ほんと、男女って微妙なものなんですね!

 

それと、食生活や毛染めの増加なんかも関係しているようです。

 

原因は一様ではありませんが、頭皮ケア、ヘアケアは同じこと、正しいヘアケアを行ってください。

 

9.育毛剤 を比較しよう

 

育毛剤は3つの分類に分けられています。分類によって使われている成分や効能の高さ、それに伴う副作用などが変化します。

 

それではその3つの分類を比べてみましょう。

 

育毛剤の種類

 

育毛剤にはいくつかの種類があります。医薬部外品の育毛剤と・医薬品の育毛剤そして化粧品の3種の育毛剤です。

 

それらの3種の育毛剤は効用を納得して使いましょう。

 

・医薬品の育毛剤

 

薬事法で認可されていて、一般に効果の高い成分が加えられているのが医薬品の育毛剤です。

 

予防だけではなく、積極的なな治療ができる育毛剤で、高い効果が得られる分、副作用が起こる可能性もある程度あります。

 

医薬品は、医療用の医薬品と一般の医薬品があります。医師の処方が必要な方は、医療用医薬品です。

 

一般医薬品は、第1類から第3類までありますが、どちらも薬局で買うことができます。

 

・医薬部外品の育毛剤

 

薬事法で認可された成分に加えて他の成分で作られているのが、医薬部外品の育毛剤です。

 

効果はあまりなく、副作用も少ないため、効果を穏やかに感じながらも一般的に安全に使えます。

 

薬用の育毛剤として売り出されているもののほとんどは、この「医薬部外品」に属します。効果は少しはありますが、医薬部外品の育毛剤は、あくまで予防するためのもので積極的な治療には向いていません。

 

・化粧品の育毛剤

 

化粧品に分類される育毛剤は、その効能はあまり強くありません。

 

>医薬品よりも医薬部外品よりも効果は弱く、そのかわり副作用が全くありません。

 

入っている成分は、薬事法で認可されていない成分ばかりなので、効能はあるとは記述することは出来ません。

 

このように育毛剤には、3つの分類があり、確認しておきしましょう。

 

脱毛の症状によって、3つの分類の育毛剤を比較すると、より確実な効果が得やすいです。。

 

10.育毛 ビフォーアフター

 

育毛剤を使ってどの程度の効果ががあるかは、育毛剤のビフォーアフターを嫌というほど見せられて、期待と失望の繰り返しを体験しておられる皆さんが一番良くご存知でしょう。

 

育毛剤は人の体質がいろいろある様に千差万別ですが、一番いい方法は自分の体質に合った育毛剤を選ぶことです。

 

良いと思う育毛剤をいくつか試して、そしてその結果を見ます。それがあっているかということは自分が一番知っているのです。

 

しかし、誰にでも当てはまることもあります。食生活を改善して適度の運動をし、頭皮に悪いシャンプーをやめて、害のないものを使うことです。

 

これらは育毛剤の効果を助けるものですが、どの育毛サロンでもやっていることです。

 

ここで挙げたものには、新しい成分が含まれている育毛剤がたくさんあります。

 

その中には実際に髪のサイクルを正常にするものもあります。

 

それらの新しい効果を高めるために「食生活を改善して適度の運動をし、頭皮に悪いシャンプーをやめて、害のないものを使うこと」は必ず行いましょう。

 

11.髪の毛の行く末をどう考えるか?

 

現段階では酵素「5a-リダクターゼU型」と 「髪 の毛キラー」DHTをおさえる事が治療の主流ですから、後は薬で治療するのか、それらを抑えるのに効果があると売り込んでいる、シャンプーその他の製品で効果を期待するかのどれかを選択することになります。

 

長い目で見ますと、薬による治療はまず効き目があるかどうかの判断は半年以上か一年程度は服用する必要があります。経済的にも精神的にも負担はかかりますが、怪しげなエステよりはずっと安価ですし、無理強いはしません。

 

しかし、「薬づけ」と言う表現をする意見もあります。つまりこの皮膚科で処方するこの薬はずっと飲む必要があるのです。止めますと、再び進行します。それが欠点だといえましょう。

 

他にいろいろな育毛剤がありますが、その主成分については次に記させていただきます。又、新しい情報が入りましたら追記させていただきます。

 

発毛力を高めるのが目的

 

それともう一つ大切なことは、これからの長い人生、「髪の毛 」と自分をどう考えるかを見極め、どこまで努力してどの辺りで納得するかを決めることだと思います。

 

実際いろんな「育毛情報」や「育毛サロン」がありますが、そこで直ったと言う方はかなりの確立で、前述の「シャンプー」や「生活」「栄養」などの改善によって改善された方がおられると思います。

 

つまり「これをすれば、あるいは飲めばたちどころに治る」と言う「魔法の薬」があるのではなく、結局はその方の「発毛力」を高める手法があり、治すのはその方の「生命力」であると言うことだと思います。

 

そういう観点から考えると、一番効き目がある段階は次のようなものだと考えます。

 

効き目のある段階

 

1. 頭頂部や前頭部の毛が「細く」なってきており、「コシ」がない状態。

 

2. 抜け毛が多い

 

3. 途中で切れて短い毛がある。

 

この段階では「毛穴」がまだ開いており、細いながらも毛は生きている状態ですので、ここでの治療の目的は「毛髪を太くコシのあるものにする」と言うことです。

 

うぶ毛のような状態でも同じです。目標は「毛髪を太くする」と言うことです。つまり「髪が生えた」と言うのは完全に閉じた毛穴から毛が生えたということではなく、今ある毛が太くコシのあるものになったという事なのです。

 

もちろんその中には「髪の毛のサイクルを正常にする」事も含まれており、イコール「脱毛が必要以上に増えない」ということも含まれています。

 

その為の色んな治療法であるということは覚えておいてください

 

これらを頭に置いておいて、ご自分の年齢とこれからの人生を見据えてどこに目標を置くか、を決めておかれるとよいと思います。

 

 

14.あなたの髪の健康度チェックはこちらから!

 

髪,育毛剤.育毛,シャンプー,髪チェック,カット,パーマ,毛染め,美容,理容,hair growth

 

あなたの髪の状態をあらゆる角度から診断いたします。普段ののシャンプーやドライヤーの使い方、食生活までを正確に診断いたします。

 

思い当たる所がある項目はチェックを入れてください。途中の項目の診断は、それぞれの下をお読みください。

 

最後に「総合診断」をクリックして下さい。 「一言診断」が上に出ます。詳しいことは、その下の「詳しい総合診断」をお読みください。下記からどうぞ。↓

 

 

15..こちもお勧め

 

髪のリンクです。

 

16.その他の「髪と育毛の記事」300

 

更新履歴
トップへ戻る