髪の毛のおすすめ人気カラー15選

髪の毛のおすすめ人気カラー15選

髪の毛のおすすめ人気カラー15選

髪の毛のおすすめ人気カラー15選

 

------------------------------------------------

 

育毛についてあまりに色々な情報が飛び交って訳が分からなくなってきています。そこでこの6つさえ覚えてておけば、普段の生活で守るべき「育毛の良い習慣」を続けることができます。

 

 

毛染めってどんな種類があるの?


毛染めの種類と使い方は一般にはよく知られていません。しかし使い方を誤ると思わぬ事故も!薬液の種類は一通り知っておきましょう。

 

理由は毛染めの種類はひとつではありません。だから注意事項も異なるのです。特に脱色剤の扱いは注意が必要です。

髪のカラーの種類は?

 

カラーの種類は大きく分けて5つあります。一般には「アルカリカラー」「ヘアマニキュア」ですがここではプロがあつかうものもご紹介しましょう。

 

脱色剤(ブリーチ剤)

 

*どうやって染まるの?

 

「アルカリ剤」と「過酸化水素」が入っています。

 

「アルカリ剤」は髪に浸透しやがて膨張させて髪のうろこである「キューティクル」を開かせます。

 

その後さらに「過酸化水素水」が髪の毛の色を出している「メラニン色素」を分解してしまいます。

 

脱色の度合いはブリーチ剤のタイプによって異なっており、「粉タイプ」が最も強く後は時間や温度も関係してきます。

 

一般に温度が高いほうが脱色しやすいようですが、時間に関しては一概に言えないようですが、温度によっては時間に比例するという報告もあります。

 

「アルカリ剤」の強さと「過酸化水素水」の濃度が濃いほど髪の色は明るくなります。二液式になっているもので、使う直前に混ぜ合わせます。

 

*どんな感じで染まるの?

 

脱色するだけなので「明るくする」ことしかできません。

 

その為「色のバリエーション」は期待できません。可能な色は「茶色、赤茶色、赤色、赤色と金色の間、金色、黄色、もっと明るい黄色」等です。

 

いわゆる「茶髪」にしたい方は、これをお使いになると決まります。

 

もっと色を楽しみたい方は後述の「酸性カラー」を合わせて使われると、いろいろな色のバリエーションが可能になります。

 

気をつけないといけないのは「メーカー」によって、効果に違いがあることです。

 

又温度が低いと脱色の力が落ちますので、塗布後に「サランラップ」を毛束に巻くといいでしょう。

 

出来ればさらに暖めると効果が上がります。蒸しタオルなどをラップした後に乗せるのもひとつの手です。(黒のタオルを使ってね)

 

そして、髪の個人差も考慮しなければいけません。「バージンヘアー」は染まりにくい傾向があります。染まり具合を見ながら調節しましょう。

 

次に大切なのは塗布する髪の位置です。

 

「前の生え際のこめかみや真ん中、そして裾(すそ)は染まりにくく、天辺と前の生え際の端っこは染まりやすい傾向にあります。

 

その為、美容室では後ろのすそや前の方や、こめかみ等から塗布する場合が多いようです。

 

又毛の根元ほど染まりやすいので(皮膚に近いので温度が高いから)根元を残してすべてをつけてから最後に根元に塗布するという方法もあります」

 

ブリーチは早く作用しますので、がんばって手早くやってください

 

*色持ちは?

 

ほとんど変わらずに持続します。しかし色があせてくるという意見もあります。 

 

*ダメージは?

 

酸化染料を配合していないため、酸化染料によるアレルギー作用がないのが利点です。しかし髪へのダメージは大きいのが欠点です。

 

*脱色作用は?

 

もちろんあります。そのものずばりですから。

 

一般的なアルカリヘアダイ

 

店頭で売っている、ほとんどがこのタイプです。一般に「毛染め液」というとこれをさす場合が多いです。

 

*どうやって染まるの?

 

一般に「ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、オシャレ染め、アルカリカラー」というのはこのタイプの毛染めをさします。

 

アルカリ剤を含む「酸化染料」(一剤)と脱色作用のある「過酸化水素水」(二液)を混ぜて使用します。

 

「アルカリ剤」は髪に浸透しやがて膨張させて髪のうろこである「キューティクル」を開かせます。

 

その後さらに「過酸化水素水」が髪の毛の色を出している「メラニン色素」を分解してしまいます。

 

そこへ色素が入り込み(ここがブリーチと違う要素です)色が出るわけです。

 

この「酸化染料」は「酸素」に出会うと発色します。「過酸化水素水」はその「酸化」を促進する役目もしています。

 

内部に侵入した「色素」はお互いにくっついて「大きな粒子」になり、「洗っても落ちない色」になります。

 

尚、「中性カラー、酸性酸化型カラー」はすべてこの酸化染毛剤タイプの毛染め液ですが、次項のように、「アルカリ性」でなく「中性〜弱酸性」の一液を使用します

 

*どんな感じで染まるの?

 

色の出方が美しい毛染め液の王様です。また、色数も非常に豊富です

 

黒色の髪を明るい色に染毛することもできます。これは、「発色」と「脱色」が同時に行われる故に出来る技です。

 

このため「白髪染め」から「おしゃれ染め」まで幅広く使用することが出来ます。

 

色の明るさは、二剤に含まれる「過酸化水素水」の濃度によって決まります。3%と6%の2種類があり、より明るくはっきりとした色を出すときは6%を使用します。

 

最近は「ムース状」のアルカリヘアダイが出ていますが、これは「カオチン性直接染料」というものが使用されています。

 

これは「ダメージが少ない」等の利点があり、色の出方もややソフトな感じで、お手軽です。

 

このアルカリヘアダイは豊富な色が出ますので、「ウイービングスライス」「スライシング」「ブラシオン」「コームオン」等の高度なカラーリングテクニックを行うことが可能です。これらは一部を違う色で染めるメッシュなどに見られる技術です。

 

そのために動きのある立体的なスタイルを演出することが可能です。

 

可能な色の範囲は、「黒から茶色を基調とした赤、黄、灰色」という風に考えましょう。

 

*色持ちは?

 

一般に2〜3ヶ月程度ですが、 人によっては色あせが見られます。

 

又、月に1センチ伸びますとその部分は、新たに血液から作られた本来の毛なので白いのです。

 

*ダメージは?

 

ブリーチ剤ほどではありませんがダメージはあります。

 

伸びた部分のみを染める方法で、なるべく何度も染めたところに「毛染め液」をつけないようにすると痛みが少なくてすみます。(リタッチ)

 

*脱色作用は?

 

あります。「過酸化水素水」が含まれています。

 

「酸性酸化染毛剤」

 

美容室で使うことが多いです。一般ではあまり使われません。美容師さんにお店で扱っているか尋ねるとよいでしょう。

 

*どうやって染まるの?

 

アルカリヘアダイ」と同じで二剤式の毛染め液ですが、一液に「アルカリ剤」が入っていないのが特徴です。その為「弱酸性」になっております。

 

分かりやすくいえば「脱色しないで色素を髪の内部に入れる染毛剤」ということす。

 

その為「キューティクル」の膨張が少ないので(水分で膨らむ程度)ダメージが少なくてすみます。

 

しかしその分、色が入りにくく、特にメリハリのある色を出すには向いていません。

 

又、一剤式の「酸性カラー」は俗に「マニキュア」と呼ばれ、これと混同しやすいのですが、まったく別のものです。マニキュアは「キューティクルの表面」に付着するのみですが、この「酸性酸化染毛剤」は髪の内部でちゃんと「脱色、発色」を起こして、内部から染め上げます。

 

*どんな感じで染まるの?

 

明るくなりにくいので、「白髪染め」にむいています。トーンを下げたいときも有効です。

 

しかし、色のバリエーションはあまり多くありません。「黒、赤、茶色、灰色」等があります。

 

「色素」がたくさん髪の内部に入る上、脱色もあまり起こらないので、全体に暗い感じは否めません。

 

明るくなりすぎた髪を修正するときに使ってみればいいでしょう。

 

*色持ちは?

 

アルカリヘアダイ程ではありませんが、いいほうです。大体1〜2ヶ月程度と考えましょう。

 

*ダメージは?

 

脱色がほとんどないので、あまりありません。

 

*脱色作用は?

 

ほんの少々。

 

カラースプレー

 

最も手軽な染め方ですが、洗うと落ちます。一日だけのパーティーのどには最適でしょう。

 

*どうやって染まるの?

 

簡単に言うと、「スプレーの中に染料が入っているだけ」ということです。

 

染まる原理は「毛髪着色料」といわれるところからも、「毛の表面にくっつくだけ」です。そのため「洗うと落ちてしまいます。」したがって髪は傷みません。

 

ただしセットしてから最後にふりましょう。でないと「髪がゴワゴワなる」ことでセットが出来なくなるからです。

 

スプレー式は「地肌」にかかりやすく、こびりついたりしますので、頭皮から少し離してご使用ください。

 

マスカラ式のものの方が地肌につきにくいようです。

 

*どんな感じで染まるの?

 

とにかく手軽なのが利点です。

 

あっという間に染めれますし、その日に落とすことが出来ます。

 

お急ぎの時には便利でしょう。

 

色も結構ありますので、思い切ったおしゃれも出来ます。

 

洗わなければ結構持ちますが、髪や地肌にはあまり感心しませんので、やはりキッチリとシャンプーして染料をおとしましょう。

 

*色持ちは?

 

シャンプーをしたら落ちてしまいます。

 

*ダメージは?

 

ありません。

 

*脱色作用は?

 

ありません。

 

ヘアーマニキュア(酸性カラー)

 

*どうやって染まるの?

 

この商品は「化粧品」として扱われています。2種類の液ではなく、1種類の液を使用します。

 

他の染料は「医薬部外品」なのですが、こちらは表面に付着するのみで内部には浸透しないのです

 

扱いもお手軽なのかと思いますが、意外と皮膚につくと落ちにくいという欠点があります。

 

これは「皮膚のたんぱく質」に、染料がイオン吸着してしまうためです。

 

そのため頭皮から5ミリは離して染めなくてはいけません。

 

櫛をうまく使うともっと根元まで染めれますが、皮膚につかないように細心の注意が必要です。

 

イオン式、一剤式の染料です。「過酸化水素水」が含まれていませんので「脱色作用」はありません。

 

一般に「酸性リンス」などで髪を「+」にしておいてから、「−」の酸性染料がキューティクルの「浅い部分」に「浸透剤」の働きで入り込み、髪の「+」の部分と「イオン結合します。」

 

普通の毛染めよりも「浅い部分で染める毛染め」と考えましょう。

 

*どんな感じで染まるの?

 

黒はともかく、おしゃれな色では普通の毛染めほど、「はっきりとしたメリハリのある色」には染まりません。

 

いわば「黒髪をセロファンで通して見たような色」とでもいいましょうか。

 

しかし「化粧品」としての「色素」は大変色がカラフルです。

 

つやのある色が出るのは従来の「ヘアーマニキュア」ですが「酸性カラー」はそれよりも「色素が多い」という点が異なっており、区別されていました。

 

今では「酸性カラー」という言葉を使うのがプロでも一般的です。しかし、原理は同じなので、一緒にされています。

 

白髪やブリーチをした髪にもむいています。透明感のある素敵な色になります。

 

色素の多い「酸性カラー」の方が良く染まります。

 

*色持ちは?

 

 

一ヶ月までです。痛みが少ないので、定期的に染めればよいでしょう。

 

*ダメージは?

 

傷みはほとんどありません。

 

脱色作用は?

 

ありません。

 

 

 

髪の毛のおすすめ人気カラー15選カラー

 

サンプルサイト

店頭で売っている、ほとんどがこのタイプ

サンプルサイト

アルカリカラーの価格の高い順

サンプルサイト

アルカリカラーの価格の安い順です

サンプルサイト

髪が傷まないヘアマニキュアです

サンプルサイト

ヘアマニキュア価格の高い順です

サンプルサイト

ヘアマニキュアの安い順です

 

一般的なカラー液ですがとても人気があります。白髪にも適しています。

 

色もほとんどのタイプのものがあります。短い時間で綺麗に染まります。

 

白髪に関しても、時間がたてば茶色ポクなります。

  • 価格:¥ 1,400
  • 液だれしにくいのでしっかり染まり、初めての方でも扱いやすい。
  • 複数回に分けて使えるので、部分的なタッチアップにも。
  • <三剤式 酸化染毛剤>(おしゃれな白髪染め) (医薬部外品)
  • 【製品特徴】1)色持ち余裕の6週間。深くリッチなカラーが長続き
  • ミクロの色素によって毛髪内部がしっかりと満たされた状態で発色するから、深みのあるリッチなカラーを実現。髪の芯までムラなく染めるので、6週間経っても色鮮やか。
  • 2)植物由来の3つのトリートメント成分*、輝きエッセンスをプラスワン
  • ウエラトーン ツープラスワンでカラーした髪は、なめらかで、輝くようなツヤのある仕上がりに。
  • *ホホバ油、アボカド油、ヒマワリ油(毛髪保護成分)
  • 3)日本人の髪に合わせた多彩なカラーバリエーション
  • ウエラトーン ツープラスワンは、日本人の髪色に適した7つのシェードパターンを選び、その中で髪色のトーン(明るさ)を選べるようにデザインされています。
  • このように多彩なカラーバリエーションから選べるのは、サロン生まれのヘアカラーであるウエラトーン ツープラスワンの特長です。

 

一番多い意見は「使い方が簡単」というものです。

 

カラーの中では一番使いやすいともいわれています。

 

液のタイプは泡タイプ。毛になじみやすいので使いやすいです。

  • 価格:¥ 573
  • 色:クールアッシュ
  • 商品紹介
  • 「もっちり濃密泡」が根元に密着し、根元も毛先もムラなくキレイに染まる泡のヘアカラー。
  • 指どおりなめらか、しっとり質感の染め上がり。
  • シルクエッセンス*(毛髪保護成分)、ロイヤルゼリーエキス(うるおい成分)配合。
  • アフターカラーヘアパックつき。
  • ●セミロングヘア(肩から脇の下くらいの長さ)1回分
  • ●1回使いきりタイプ
  • *水解シルク液
  • ヘアカラーでかゆみ、発疹、発赤がでたことのある方は、絶対に使用しないでください。
  • 【黒髪用ヘアカラー】
  • 1液34ml、2液66ml
  • アフターカラーヘアパック8g

 

3位
【まとめ買い】LUCIDO-L (ルシードエル) ミルクジャムヘアカラー 生チョコガナッシュ×2個パック (医薬部外品)

  • 価格:¥ 1,182
  • とろ~り伸びて髪にぴたっと密着。ミルクジャムタイプ。ナチュラルなダークブラウン。
  • ※1箱でセミロング(肩くらいの長さ)まで使用可
  • 登録情報
  • サイズ: 2個
  • 商品重量: 422 g
  • 発送重量: 431 g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12位

 

 

14位
ホーユー ビューティーラボ ミルキィヘアカラー (ナチュラルブラウン) 1剤40g+2剤80mL+PHC8mL+美容液5mL [医薬部外品]

 

商品紹介

洗い流し時から染めたあとまで、指通りもっとなめらか。シャンプー直後に髪の内側まで、仕上げに髪の外側からケアする2種の美容液つき

 

・湿潤成分「はちみつ」&「ローズ水」配合・色持ち成分ダブルアミノ酸配合。

 

キレイな髪色つづく。タレにくくぬりやすい、乳液タイプ

 

15位
フレッシュライト 泡タイプカラー エアリーアッシュ [医薬部外品]

 

商品紹介

エアリーアッシュ:明るさレベル6*。とても明るいアッシュ系ファッションカラー。

 

モチモチ泡がスッとなじんで、ムラなく染まる。簡単ポンプの泡タイプ。

 

ウォーターリリーエキス*(うるおい成分)配合のモイスチャーヘアマスク付。

 

ツヤツヤで軽やかな髪質へ。

 

●8種類のアミノ酸(うるおい成分)配合

 

●グリーンアップル&カシスのさわやかな香り。

 

1箱全量でセミロング程度の髪まで染められます。

 

髪が長い方、髪の量が多い方は2箱ご用意ください。

 

*フレッシュライト内比較**ハス花エキス

 

ヘアマニキュア10選

 

 

 

髪のカラー表とは

 

サンプルサイトAIS

色の見本とは?

「カラーバリエーション」はカラーリングの見本ですが、あくまでも見本であって、同じになるとは限りません。

何故なら人によって、もともとの「髪の色」が違うので色も出方が違うのです。

 

また髪の傷み具合によっても微妙に差が出るのです。
あくまでも「目安」として見本表と考えましょう。

 

カラーレベルについて

一般に色の明るさは「番号」で表します。
まっ黒の場合は5番ですが、数が増えていくに従い明るくなります。

 

13から14くらいになると「脱色のレベル」になります。黄色くなってきます。
いわゆる「茶髪」の段階です。

 

髪の色

業界では「ティント」といいます。
いわゆる「髪の色」のことです。

 

代表的なものでは「ブラウン」(茶色)「アッシュ」(青色)「ベージュ」等があります。
それぞれ説明してゆきましょう。

 

ナチュラル系の色

自然に髪があか抜けした感じになる「ナチュラル系」は、「柔らかい色を演出」するのが目的です。
それには大きく分けて2つの色があります。

 

それは「ブラウン」と「ベージュ」です。

 

ブラウン

やわらかい「赤色」を含む「ブラウン」はあったかい感じのするカラーです。
様々なカラーとの相性がよいので使いやすい色です

 

ベージュ

「ブラウン」よりも少し「赤み」が少ないので、「ブラウン」よりもさらに合わせやすい色です。
見た感じがとてもきれいで、お洒落な感じになります。

 

寒色系

この色でカラーすると「日本人離れ」した雰囲気になれるという評判です。
実際「外タレ」が好んで使っている色です。

 

青みのある色で、組み合わせによってはトレンディな色を演出することができます。

 

グレー系
>赤色系がもう一つに合わないという方は「寒色系」を試しましょう。
透明感があって、落ち着きがある「グレー系」は大人の女性を演出するカラーです。

 

他の色との組み合わせも抜群の発揮します。効果を発揮します。

 

アッシュ

外にはねる「ボブスタイル」によく合う色です。
軽い感じがよく出て、落ち着いた感じがでます。トーンの明るい色と組み合わせると、立体的な「ローライト」の効果でお洒落なカラーに挑戦しましょう。

 

(ローライトはベースの色よりも暗いカラーを入れアクセントにすること。立体的になります)

 

髪のカラーの頻度は?

カラーリングには使用頻度の問題が2つあります。
一つは色の持続度、そして髪へのダメージです。その2つの側面から最適の感覚が解ります。

 

長持ちの度合い

色がどれだけ長持ちするかという問題は、「色落ち」「髪の伸びるスピード」の2つから考えます。

 

色落ち

シャンプーを重ねていくうちに、カラーそのものが色落ちします。
しかし皆さんもご存知のように、毛染め液が服につくとなかなか落ちません。

 

というよりもうクリーニングに出してもその服は最悪「没」です。
それくらい染毛力は強いのです。従って思ってるほどは落ちないのです。

 

髪の伸びるスピード

カラーの色が取れてきたというのは「根元から色が変わる」ということです。
それもそのはずで、それは新たにの伸びてきた毛なのです。だから本来の色が出てきたということなんです。

 

その部分は色落ちしたようにも感じますが、それが自分の毛の色なのです。

 

髪のための「リタッチ」

「リタッチ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?美容室で聞けばご存じのはずです。それは「伸びた部分だけ染める」というやり方です。これには3地の利点があります。

 

時間がかからない

髪はブロックしなくてはいけませんが、染めるのは伸びた分だけですので「時間がかかりません」しかし「放置タイム」は同じです。

 

毛に負担がかからない

根元の伸びたところだけを染めるので、それ以外の毛はダメージがかかりません。

 

コスパがよい

使う毛染め液が少なく時間もかからないので、一般に安価で済みます。

 

結論として

全体を染めないと気が済まないという人もいるでしょうが、大事な髪が泣いています。
そこは髪のために「2月おき」くらいを目安にしておきましょう。

 

髪のカラー メンズ


最近は男性もカラーをする人が増えて来ました。
まっ黒よりも少しくらいなら「茶髪」もありということで、世間でも「当たり前」としてとらえています。

 

カラーの種類もずいぶん増えてきました。
基本的には男性用、女性用の毛染め液の区別はなく、女性用だとトリートメント効果があるものや女性に似合う色と考えられる色を選んでいる程度の違いです。

 

どちらが使ってはいけないということはありません。好みの問題です。
美容室ではたいてい女性用を使っている場合が多いです。

 

メンズに似合うカラー


個性的な男子は紫やピンクなども使うかもしれませんが、男子が好む色というのはあります。
またその色は男子をどういう雰囲気にするかは興味あるところです。

 

そこでメンズに似合うカラーを挙げてみましょう。

 

ブラウン系


「茶髪」という言葉がはやるぐらい有名な色です。
しかし同じ茶髪でも、色々な色がありブラウン系をまとめて「茶髪」と呼んでいるようです。

 

明るい色から落ち着いた色などがあり、お店で美容師さんにカラーサンプルを見せてもらいましょう。
また2つの色を利用して立体的に見せるテクニックもあります。

 

日本人の髪は黒く、ちょっと重たい感じがするので、ブラウン系を入れると「髪のムーブメント」が軽く見えます。
また、都会的なあか抜けた雰囲気を演出してくれます。

 

アッシュ系


一般には気づかれませんが、この色を使っている方は案外多いです。
使うときはトーンの低いものが使われます。

 

また2つの色の組み合わせにもよく使われます。
色は少し重たいですが、今風のお洒落な色です。

 

全体にアダルトな雰囲気があるカラーです。
そして落ち着いたムードを醸し出してくれます。

 

ホワイト&イエロー系


一般に「ハイカラー」と呼ばれています。
かなりギンギンという感じがします。

 

個性的な雰囲気には一番で、最近は多くの人が挑戦しています。
さらに白くしていくと若い人はよりセクシーに見えます。

 

パーマでウエーヴをつけたり、ツーブロックで変化を持たせたら柔らかさやワイルド感を演出できます。

 

更新履歴