シャンプーの知識 

*このコーナーは「髪丸」が今まで育毛の事で得た知識を公開しております。このサイトの最大のテーマである「健やかな髪の毛」は、皆様の永遠のテーマですこのコーナーが少しでもお役に立てば光栄です。尚このコーナーでは本格的な「育毛治療」の情報も扱っています。その為、これからも成長していくコーナーですので、ご期待いただけますように、、。

シャンプーの知識記事一覧

育毛シャンプーの知恵*「育毛」行うにあたってまず始めに大切なことは、あなたの髪の状態が本当に治療すべき段階にあるのかを知ることです。実際に、自分の髪がどういう状態なのかを知って頂き、必要ならばそれが改善される可能性と理由を確認していただく事が必要です。そして「育毛」を行うにはご自分の意識を改善して「自信ある自分を取り戻すのだ」という方向に向けることが大切です実は「育毛」に関しては物理的治療とともに...

シャンプーの中身は恐ろしい?「シャンプー 」の詳しい実態をお話しましょう。*シャンプーは「界面活性剤」が50%です。昔は「界面活性剤」は天然の成分(脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウム)を使用していました。(ゴキちゃんが洗濯機に入って食べましたから天然です)しかし、洗浄力が悪く値段も高いことから、やがて石油(鉱物油)を使って大量に安く、しかも洗浄力の強い「合成界面活性剤」が使用されるようになりました。...

「すべてのタイプにとって必要な方法があって、その上にそれぞれの特異な対処法を重ねていくことになると思います。」ということをお伝えました。その必要な方法とは、誰でも行っている事、「シャンプー 」なのです。そうです!「シャンプー」こそがすべてのタイプの人にとって大切な「基本的育毛法」なんです。「なーんだシャンプーか」って言われるかもしれませんが、「シャンプーの重要性と恐ろしさ」を知っている人は本当に少...

恐ろしいシャンプーの添加物(合成界面活性剤):皮膚炎、発がん性、容血作用、肝機能障害、生殖障害ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸Na(SLS)、ラウレス硫酸ナトリウムラウレス硫酸Na、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩(AES)、パレス・ベヘネス(保湿剤、乳化剤):皮膚炎,染色体異常、花粉症、喘息、アレルギープロピレングリコール(PG)、ジエタノールアミン(DEA)(防腐剤):皮膚や粘膜の...

注:しかし、殆どの「毛穴掃除の洗剤」そのものは通常の成分が入っている場合が多いので、使用後の「十分なすすぎ」はお忘れなく!ではもう一度ご確認ください。 このページに印刷用のサイズを貼り付けてありますので、洗面所などに貼っておかれたらよいと思います。あと、よく聞かれる「バランスの良い食事」ですが実際、髪に良いもの悪いものとして簡単に分けられるものではありませんが、そちらは後ほど詳しくご説明いたします...

育毛剤の中身、知っています?*育毛剤の主な作用は…1. 血行促進作用2. 栄養補給、細胞賦活作用3. 抗炎症、抗菌作用4. 毛母細胞、毛乳頭への作用(ここまでは医薬部外品)5. 脱毛の進行予防、発毛促進(医薬品)つまり頭皮環境を改善するものがほとんどですが、医薬部外品は大きな効果は期待できません。「進行を少しでも遅らせる」という程度で考えたほうが良いでしょう。*成分名は次の通りです。1. 血行促進...

石鹸シャンプーって髪に良いのかな?「石鹸シャンプー」を知っていますか?なぜシャンプーで髪を洗うのでしょうか?それには理由があります。つまり、石鹸で洗うと髪がかたくなり、手触りが悪くなるからです。何故なら、髪が「アルカリ性」になるからです。しかし、シャンプーは「合成界面活性剤」で汚れを落とします。髪の手触りはよいのですが、「合成界面活性剤」は髪を溶かします。そのほか色々な問題があります。シャンプーの...

トップへ戻る