毛染めってどんな種類があるの?

毛染めってどんな種類があるの?

毛染めってどんな種類があるの?

 

 

*毛染めの種類と使い方は一般にはよく知られていません。しかし使い方を誤ると思わぬ事故も!薬液の種類は一通り知っておきましょう。

毛染めってどんな種類があるの?記事一覧

*どうやって染まるの?「アルカリ剤」と「過酸化水素」が入っています。「アルカリ剤」は髪に浸透しやがて膨張させて髪のうろこである「キューティクル」を開かせます。その後さらに「過酸化水素水」が髪の毛の色を出している「メラニン色素」を分解してしまいます。脱色の度合いはブリーチ剤のタイプによって異なっており、「粉タイプ」が最も強く後は時間や温度も関係してきます。一般に温度が高いほうが脱色しやすいようですが...

*どうやって染まるの?一般に「ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、オシャレ染め、アルカリカラー」というのはこのタイプの毛染めをさします。アルカリ剤を含む「酸化染料」(一剤)と脱色作用のある「過酸化水素水」(二液)を混ぜて使用します。「アルカリ剤」は髪に浸透しやがて膨張させて髪のうろこである「キューティクル」を開かせます。その後さらに「過酸化水素水」が髪の毛の色を出している「メラニン色素」を分解してしま...

*どうやって染まるの?アルカリヘアダイ」と同じで二剤式の毛染め液ですが、一液に「アルカリ剤」が入っていないのが特徴です。その為「弱酸性」になっております。分かりやすくいえば「脱色しないで色素を髪の内部に入れる染毛剤」ということす。その為「キューティクル」の膨張が少ないので(水分で膨らむ程度)ダメージが少なくてすみます。しかしその分、色が入りにくく、特にメリハリのある色を出すには向いていません。又、...

*どうやって染まるの?簡単に言うと、「スプレーの中に染料が入っているだけ」ということです。染まる原理は「毛髪着色料」といわれるところからも、「毛の表面にくっつくだけ」です。そのため「洗うと落ちてしまいます。」したがって髪は傷みません。ただしセットしてから最後にふりましょう。でないと「髪がゴワゴワなる」ことでセットが出来なくなるからです。スプレー式は「地肌」にかかりやすく、こびりついたりしますので、...

ヘアーマニキュア(酸性カラー)ってな〜に?*どうやって染まるの?この商品は「化粧品」として扱われています。他の染料は「医薬部外品」なのですが、こちらは表面に付着するのみで内部には浸透しないので扱いもお手軽なのかと思いますが、意外と皮膚につくと落ちにくいという欠点があります。これは「皮膚のたんぱく質」に、染料がイオン吸着してしまうためです。そのため頭皮から5ミリは離して染めなくてはいけません。櫛をう...

トップへ戻る