髪型と顔の秘密

 

 

 

*「顔と髪型の秘密」なんて大そうな題ですが、割と気にしておられる方は 多いのかなと思います。

 

でも、私の経験では、たいてい皆さんは御自分と反対のものを求められているという感じがします。

 

たとえば「うりざね顔」つまり、面長な方の場合は「私って顔が長くて貧相だから、ふっくらと見せたいの」とおっしゃります。

 

逆に「ふっくらした丸顔」の方はそれとは反対に、「私って顔が真ん丸くていやなのよ。すりっとした卵型にならないかしら?」とか、「顔が細く見えるようにしてください。」なんて事をおっしゃいます。

 

「くせ毛」の方は「ストレート」に憧れ、「ストレート」の方は「ウエーヴ」にあこがれます。

 

もっと突き詰めて言えば、好きなタレントや俳優は自分には無いところを持ち合わせている人に限定されるのです。

 

そこでそれは当たり前のこととして受け入れて、一歩さらに踏み出して「私と逆の人は、私の顔の形を評価している」と、思えば自分の顔の長所を見直すきっかけが見つかると思いませんか?

 

「プラス思考」というんでしょうか、生かし方ひとつで満足のいくルックスを得ることは可能だと思います。

 

1)顔と髪型の秘密(男性編):

 

顔の形は大別して5つに分けられると思います。卵型、丸顔、面長顔、逆三角形顔、ベース型顔です。

 

a)卵型:

 

全体に「楕円形」に近いものですが、いわば一番無難な形です。

 

これを理想的と呼ぶのはあまりにも端的だと思います。人の好みは多様だからです。

 

ただ、無難な形であるとは言えるかもしれません。一般的に顔が小さく見えますので、全体のバランスは良いと思います。

 

この形を基本的なものとしてその他のタイプを考えます。

 

b)丸型:

 

もともとの丸型の方も太っている方もこのタイプ。顔を長く見せるのがポイントです。

 

つまり、トップはボリュームを出し、サイドは押さえ気味に…さらに耳の後ろから襟足をやや長い目にして縦長の感じにします。

 

c)面長:

 

顔が長いのは、イケメンに多いと思いますが、この場合は丸顔とは逆にします。

 

トップは押さえ気味にしてサイドはボリュームを少し出し、前髪 はおろし気味にします。

 

これで露出部分が減りますので、小顔に見えるのです。

 

d)逆三角形

 

少しあごが細く、弱く感じることも…。そこであごを「襟足」でカバーします。

 

つまり前から見て襟足があごの横から見えるようにやや長い目にします。

 

こめかみは(ビン)長い目にしてあごから上があまり張らないように見せるとバランスが取れます。

 

 

このように実際に自分がやりたい髪型と自分の顔の形は、異なっている場合がよくあります。

 

色んな顔かたちがあるから世の中面白いのです。個性は大切ににしながら自分の可能性を探って生きたいものですね。

 

トップへ戻る