紫外線が頭皮を脅かす!

 

 

 

*夏の間、多くの紫外線が私たちに降り注ぎます。

 

紫外線が体に有害であるということはよく知られていますが、髪や地肌 にまで悪影響を与えていることは意外と知られていません。

 

ではどういう風に悪いのでしょうか?髪と地肌に分けて考えて見ましょう。

 

1)髪への影響

 

髪の毛は蛋白質で出来ています。そしてその周りには髪の毛特有の部分が髪を保護しています。これは「うろこ」のような部分で、「キューティクル 」と呼ばれています。

 

紫外線はここを攻撃します。うろこがはがれてくるのです。ささくれ立ったようになり、当然髪は傷みます。

 

夏が終わるころには髪のケア をする必要があります。

 

では今日の本題の「紫外線と頭皮」の関係です。

 

2)紫外線の頭皮への影響

 

紫外線はご存知の通り皮膚に悪影響を与えます。

 

あまり多く浴びすぎると、皮膚に重大な病を引き起こすといわれています。

 

頭皮 は髪の毛のおかげであまり陽があたらないと思われます。

 

実際、髪が長かったお客さんの頭を丸刈りにいたしますと、頭皮は青白く(これが頭皮が健康な証拠ですが)あまり陽があたっていない、と思われますが、色が変わっていないからといって、紫外線が当たっていないと言うのは早急すぎます。

 

やはり実際は、頭皮には思ったより陽があたっており、特にショートの方は注意が必要です。

 

ある医者の話によりますと、頭皮に当たった日光は、頭皮のたまった脂にあたり、それらを酸化させるとの事…。

 

酸化した脂は「毛根を萎縮させ、ついには脱毛の原因にもなる」というのです。

 

ここでも頭皮に余計な皮脂をためる事が良くないこととして取り上げられています。

 

特に毛穴の中の皮脂については注意が必要です。

 

毛穴の皮脂の掃除法は下記のページから御覧ください

 

毛穴の脂を搾り出そう!

 

このお話の中で 頭皮の洗い方についてのお話がありました。

 

つまり、「頭皮を洗うときは『指の腹』で洗いなさい」ということなのですが、問題なのは、殆どの方は「指の腹」というと「指先」と勘違いして、爪と一緒にがりがり洗っていると言う点なのです。

 

だから拡大鏡で見てみると、 赤くなって炎症を起こしている方が結構おられるらしいのです。

 

「指の腹」と言うのは第一関節に近い部分のことです。指先よりもう少し下ですよね。

 

それと頭皮のマッサージは「洗う前のほうが良い」とおっしゃっていました。

 

プロの講習では「頭皮をマッサージするように洗いましょう」と平気で言っています。

 

それでも、何故いけないのかというと濡れた皮膚は傷つきやすいからだそうです。

 

確かに髪の毛でも、濡れているときはダンボールのように柔らかいので、ゴシゴシしないこと…と言うのはプロの間では常識です。

 

だから頭皮を傷めない様に乾いたときにやりましょう、と言うことなんです。

 

しかしプロはマッサージするときは力を加減して行いますし、さらには「シャンプー の快感」も要求されるから、と言う理由もあるかと思います。

 

とにかく髪を造るのは「頭皮」の中の、毛根の毛母細胞 です。

 

上からは悪いものを入れないこと(脂、ヨゴレ、細菌)

 

下からは良いものを入れる(十分なさらさら血液)

 

を合図に、髪の養生に励みましょう!

 

トップへ戻る