「男性型脱毛症」AGAと戦う

 

 

*育毛や脱毛阻止の中でも、最も厄介な「男性型脱毛症」AGAは薄毛治療の最大のテーマですが、このHPにも書いてあるように「遺伝性」というものが関連している限り、現時点では完全に治療することが難しくなっています。
一説によると「日本全国で1000万人以上」の方がこの「男性型脱毛症」AGAで悩んでいるといわれていますが、これは男性の3分の一の方ということなの本当に驚きます。
これを年代別に考えますと、「若年性脱毛症 」が20〜30代の始まりで、「壮年性脱毛症」が50〜60代始まりとされています。「男性型脱毛症」AGAも年代によって呼び名が異なります。
もちろん遺伝以外にも「ストレス」「血行不良」等が大きな原因なのですが、なんといっても最大の原因は…
男性ホルモンの一種である「テストステロン 」が、「5αリダクターゼ 」という変換酵素の働きで「DHT(ジヒドロテストステロン) 」という悪玉ホルモンに変換され、このDHTが毛根細胞の分裂を邪魔するため、正常なヘアサイクルが乱れ、毛髪が充分に発育しないで脱毛する。

 

一口で言うと、これがAGAの原因であると言われています。
現時点では「プロペシア 」を使った治療が行われています。「一日一錠 飲む」という手軽さが患者さんの治療を容易にしていますので現在では最も一般的な治療法です。
しかし、治療を行うのであれば「AGA治療の専門医」のいるところをお勧めします。
これは色んなHPでも体験談で言っていますが、重要なポイントですので必ずチェックしてくださいね。
価格は大体月に7500円程度かかります。(H23年現在)
「診察代」がかかるところがあるのでよく説明を聞いて納得のいく治療を行ってください。

 

それで肝心の治療効果ですが、大体、個人差はありますが、たいていは、3〜4ヶ月、長くて半年ほどで発毛(改善)の兆候が確認できます。
しかし、服用をやめると元に戻ります。
一日一回の服用ですが続ける必要があるので注意が必要です。
しかし、医学的にその効果が認められているのは「脱毛防止薬」とリアップ、ロゲインという世界初の医薬品の育毛剤です。どう治療するかは考え方ひとつです。
もちろん効果が認められない場合がありますが、専門医に行くと適正や効果がわかる形で行ってくれます。

 

下記はお勧めの本です。

 

 

トップへ戻る