薄毛の外用薬「ミノキシジル」の話

 

 

*髪の毛 を作る組織のワンセットは「毛胞」というものです。
これは髪の毛が埋まっている部分全体ですが、ちょうど鞘のように毛を包んでいて、ここに「髪を作る組織」がすべてあります。
最近はこの「毛胞」 にある「細胞」を培養する研究などが進められているそうで、これはかなり期待できるのでは?と思います。
「毛乳頭細胞」はその中でも薬の効き目が最も期待される部分のようです。
この「毛乳頭細胞」に働きかけるのが「ミノキシ...」です。

 

ご存知のとおり「ミノキシジル 」は「毛乳頭」に働きかけ、「アデノシン(体内のシグナル&エネルギー物質)」の分泌を促して、細胞を増殖させます。
今のところアメリカでは「ただひとつ認められている脱毛改善外用薬」でいわゆる「リアップ」や「ロゲイン」の事であるということは皆さんの知るところでしょう。
日本で売られている「リアップ」は大正製薬が「1%」の「一般用医薬品=医師の処方なし」で導入、残念ながら効き目の低い「1%」のものしか販売できませんでした。しかし、今は手に入ります。
この「ミノキシジル」の濃度は高い方が効き目があります。
アメリカでも一般用医薬品5%で販売されるようになったので、日本でも早速、同「大正製薬」から「リアップX5」として販売されています。
(「リアップX5」と同等のミノキシジルの製品)

 

それと「薬用アデノゲン」は先ほどの「アデノシン」が入っている育毛剤です。こちらも効果が確認されているものですし、製品化されています。
そのほかの効果が「医学的」に確認されている製品は以下のとおりです。
*「サクセスバイタルチャージ薬用育毛剤」(脱毛の原因物質の抑制)
*「薬用毛髪力ノイベート」(「毛乳頭細胞」の活性化)
*「薬用クロウ」(「毛乳頭細胞」の活性化)

 

そして飲む「脱毛の改善薬」は有名な脱毛防止薬「フィナ...」ですがこちらも「保険適用外」なので薬局で買っても病院でいただいても「値段は同じ」です。
とにかくこれからは「医学的治療」がどんどん進んできますので、いち早く情報をお届けしたいと思います。
ちなみに、ほとんどの「育毛サロン、エステ」はしっかりした「医学的根拠」を掲げていない事は頭に入れておきましょう。(医学的見地から見て、という意味で)
かといってまったく効果がないとは思いませんがおそらくほとんどは普段の心がけで自分で出来るものであると思います。
生活改善や正しい習慣の継続の手助けにはなると思いますがトラブルもあるのでご注意が必要です。

 

トップへ戻る