くせ毛の話(2)

 

 

くせ毛の話(2)
*くせ毛は人によってかなりの差がありますが、民族的に多種多様です。
くせ毛で若い時から苦労してきた人も多いはずです。
ゆるいくせならいいのですが、(かえってまとまりやボリューム感あります)きついくせや不規則なくせは大変です。
毎朝髪を梳く時に、今朝気がはねたりして、なかなかうまくセッティングができないからです。

 

ここではくせ毛の種類について説明しましょう。
民族的的には日本人にはくせ毛が少ないと言われています。髪の断面はきれいな円形なので、直毛です。
しかし、外国の人はほとんどカールしていることも事実です。
くせ毛は断面が楕円や、すごいときには星型みたいなのもあります。そういう方の髪は「かなりちりちり」です。
実際、日本人もで「くせ毛」を持っている人はけっこうおられます。

 

*くせ毛はその形や様態から幾つかに大別されます。それは、波状毛、捻転毛、連球毛、縮れ毛などです。

 

波状毛:大きく波打っているウエーヴ状のくせ毛です。強さが適度なら、パーマをかける必要がなくて、お得なような気がするのは他人事だからでしょうか。ご本人は悩んでいる場合が結構あります。

 

捻転毛:一本一本が、きりもみ状態にねじれているくせ毛です。一見では、くせ毛には見えないような方けっこうもおられます。でも、一本一本をじっくりと見てみると、なんと、ねじれている状態ですので、すぐに解ります。

 

連球毛:かなりきつい、いわば、渦を巻いて球状になるくせ毛です。ごわごわした髪で、ねじれた分、毛が切れやすいので注意が必要です。ちょっとやっかいなくせ毛ですから対処法も限られてきます。「ストレートパーマにする」「ショートにする」「髪を梳く」等で対処しましょう。

 

縮れ毛:これは「ニグロ」です。そのお手本はは黒人の髪の毛です。らせん状に渦巻いている場合もありますし、細かくねじれています。例によって、その断面図は複雑な形をしています。

 

場合によっては、複数の種類が複合したような人もあります。
自分のくせ毛がどのような状態なのかを、まず把握するとよいのですが実際は「くせが強い、弱い」等の認識しか無いと思います。それによって先ほどの方法などを検討します。
私はたまにこんなことをします。

それは「その方のくせより大きなウエーブを強くかけてくせ毛をゆるいウエーブに変える」という方法です。
うまくいくとゆるい毛先のはねにくいウエーヴになりますが、伸びてきますとまめにカットをしましょう。
そうしないと自分のウエーヴが現れてきて、パーマと喧嘩をするからです
ウエーブはカットでかなりフォローできますよ!

 

トップへ戻る