頭皮が熱を持つと髪によくない?

頭皮が熱を持つと髪によくない?

頭皮が熱を持つと髪に良くない?

 

 

*以前にも、「頭皮の温度が上がると痒くなる」ということを申し上げました。

 

たとえば髪 が伸びてくると痒くなる。白髪が出ると痒くなるなどということをお客様からよくお聞きします。

 

白髪が痒いのではなくて、毛が伸びて頭皮の温度がこもりやすくなり、その結果、熱がこもりか痒くなる…というのが正解に近いと思います。

 

そしてカットして毛を染めると治るとかも言われます。

 

ひどいときには最も頭皮に悪い「毛染め液を付けると痒いのが治る」なんてことを仰る方もおられます。

 

これは毛染め液が冷たいからであって、液そのものは皮膚にはよくありません。

 

とにかく頭皮の温度が上がって、熱がこもるということはあまりよくないようです。

 

私も毛が伸びてくると頭皮が痒くなりやすいです。もともとあまり皮膚は強くないので、特に太ってからはあちこちをポリポリ掻くことが多くなりました。

 

人間には2つのタイプがあって

 

@内臓が強くて皮膚が弱い(太っている)

 

A内臓が弱くて皮膚が強い(痩せている)の2つだそうです。

 

私の場合はAから@になったような気がします。まあ、これは余談ですが、頭皮の場合はこのほかにヘルメットはげ(失礼)…という言葉もあります。

 

つまり、工事現場で働いておられる方たちはいつも硬くて重いヘルメットをかぶっておられます。そういう方たちが「薄毛になり易い」という説です。

 

実際お客さんで、「仕事を辞めてヘルメットをやめたら毛が生えてきた」という方を知っています。(頭皮のマッサージもしておられましたが)見ると本当に短い毛が生えているのです。

 

このヘルメットも「熱がこもる」「余計な圧力が頭皮にかかる」等の欠点があるようです。

 

頭皮に熱がたまりやすいと、「頭皮が赤い」「頭皮が痒い」「抜け毛が多い」などの症状がある場合がよく見かけられます。

 

一般的な理由は「化学物質(シャンプー等の)、食品添加物、ストレス」等により血行が悪くなり、その結果うまく熱が放出できなくなるが原因です。

 

そこでどうすればいいかといいますと、

 

@刺激の少ないシャンプーを使う。出来れば天然系無添加系シャンプーを。

 

Aシャンプーはやさしく行う。

 

B頭皮をやさしく揉んで柔らかくする。(指を頭皮に当て頭皮自体を動かすように少しずつ揉み解します)

 

Cあまり刺激物を取り過ぎない。

 

等のことを試してください。

 

頭皮が赤いかどうかは「理、美容師」の方にお聞きしてください。

 

たくさんの方の頭皮をご覧になっておられるので、見分けがつきやすいと思います。

 

熱が頭皮にこもって赤くなったり痒くなったりするというのはあまりいい兆候ではありません。

 

40代くらいの方が激しいかゆみと共に毛が4,5年で一気に減ったという方も複数おられます。

 

とにかく「頭皮を清潔にして風通し良く」「頭皮の色は青白い色を保つ」ように心がけてくださいね。

 

トップへ戻る