育毛の最新情報2Hair restoration latest information 2

育毛の最新情報2

育毛の最新情報1

育毛のうわさ、本当に色々あります。

 

あまりに多すぎてここに書ききれませんが、問題はそれらを実践しようと思う場合です。

 

それが正しいのか間違っているのかが分からないまま実践するのはあまり得策ではありません。

 

ここ以外に聞いたことのある「うわさ」がありましたら、髪丸にメールください。出来る範囲で調べてみます。

 

 

髪丸への質問.です。@をひとつはずしてください。

育毛の最新情報2記事一覧

白髪の人は、禿げにくいって本当か?結論から申し上げますと、髪が黒くても、白髪でも、男性型脱毛症は起こります。白髪は「メラノサイト」という色素を作る細胞がその機能を止めることから表れます。もともと髪が豊富な人は白髪が黒い髪より目立つので、「白髪の人は毛が多い」と思うのでしょう。逆に言うと、「毛の少ない人は白髪が増えても分かりにくい」とも言えます。だから、「白髪の人は、禿げにくい」といううわさは俗説で...

紫外線とエアコンは髪に悪い?「紫外線とエアコンは髪に悪い?」という話を聞きました。夏真っ盛りのときは心配ですね。果たしてこれは本当なのでしょうか?…これは「本当」なんです。そして、その理由は…?では具体的にあげてみましょう。@紫外線:これは髪に直接、悪さをします。そして注意しなくてはいけないのは、「プールや海で髪がぬれている時なんです。」何故これが悪いかといいますと「紫外線は水と一緒になると強い影...

おいしい食べ物は「育毛に悪い」?なんだか、食欲を落とすようなうわさですが、聞いたことあります?しかし、結論から言うと「髪に悪い食べ物」はありません。では何故こういうことを耳にするのかというと、それは「摂りすぎるとよくないもの」があるからなのです。それは何かというと「脂肪分」です。例によって「脂肪の取りすぎ」→「皮脂の増加」→「頭皮環境の悪化」→「脂漏性脱毛」ということで、やはり摂取量には注意が必要...

「わかめ」を食べると毛が増える?わかめ、昆布、ひじき、のり等の海草は「毛のコシやツヤ」を改善しますが「毛が増える」というのはデタラメです。毛を作る材料は「たんぱく質」「ミネラル」「ビタミンA,B群C,D」ですが、その中の「ミネラル(亜鉛、ヨウ素)」はこの海草類から取れます。したがって「毛の質の維持」には効果があるといえましょう。髪の毛の成分は主にたんぱく質ですので、海藻をたくさん食べてもたんぱく質...

帽子をかぶったら「薄毛」になる?これは半分本当です。なにしろ、「ヘルメットはげ」という言葉があるくらいです。つまり、帽子は頭皮が蒸れるのです。当然育毛には良くありません。ヘルメットは蒸れるだけではなく、重みの為「血行」が悪くなります。しかし、安全上装着が必要な場合は仕方がありません。出来れば安全な休憩時間には、風を通して上げることも必要です。又、帽子は利点もあります。それは「紫外線から毛を守る」と...

恐怖で髪が一晩で真っ白になる?これも全くの迷信です。頭皮から出ている髪は「すでに活動を終えている細胞でできている髪」であって変化することはありません。つまり「死んでいる」というわけです。まして一晩で変化するなんてありえません。あるとしたら「脱色剤で色を抜く」以外には不可能です。但し、ショックで髪を黒くする「メラノサイト」が止まることにより「白髪」になることはあります。それでも一月に一センチ、根元の...

髪や毛を剃ると太くなる。濃くなる。剃ったり丸刈りにすると「毛が濃くなった」は全くの誤解です。髪が成長するのは毛穴の中の「毛母細胞」なので、いくら毛の根元を切ったり剃ったりしても、「毛の成長」には関係がありません。でもなんとなく太くなったように感じたり、濃くなったように感じる事がありますよね…それはこういう理由によると思います。よく「枝毛」とか言いますが、毛先がこすれて細い毛がバラバラと分かれたよう...

女性は禿げない?これは注意すべき「俗説」です。女性も「薄毛」になります。私もそういう方を見てきました。特に「細毛になる症状」はどなたも、加齢と共に起こります。さすがに男性ほど「ツルツル」になる方は「投薬治療」の方以外では見られませんが、地肌がすける程度のケースはいくらでもあります。大きな原因としては、「ストレス」が最近では一番の要因として挙げられています。女性も仕事に行くようになったからだ、とも言...

これは「すすぎ」が時間の関係で十分にできない、濡れたままドライヤーで熱を加える等の理由で生まれたものと思います。「朝のシャンプー」が髪に悪いと言う根拠はありません。

「額」の狭い人は「薄毛」にならない「額」から後退していくケースが多いので、こんな俗説が生まれたのでしょうか、これも全く根拠の無いことです。前から薄くなっていく場合はそう感じると思いますが、残念ながら「天辺」から薄くなる場合もあり、それは「薄毛のタイプ」だと言うことです。中には「眉毛から何センチ以上は…」と言う方もおられますが、「生まれつき額が広い」方に関しては意味がありません。頭の形状により「薄げ...

人工植毛はすごい!今は、テレビでよく宣伝されている人工植毛は本当に大丈夫なのでしょうか?実はリスクがあるんです。知っていたほうが良いと思います。一つは人工植毛は一度行ったら永久なのかと思うでしょうが、残念ながら人工植毛は成長しないのでメンテナンスが必要なんです。つまり、繰り返し植毛せねばならないのです。だから、残った毛との調整もしなければならないのです。それと「拒絶反応」と「感染症」の問題です。頭...

頭皮は強くこすってもいいんですか?頭皮のふけや、皮脂が脱毛症の原因だと思い込み強く頭皮をこする人がいます。その結果頭皮が損傷したり、炎症を起こしている人が皮膚科に来る人がいます。確かにふけや皮脂が過剰にたまると、「脂漏性皮膚炎」になる人はいます。しかしそれは極端なほど皮脂がたまり「血行不良」を起こした場合です。それよりも過剰に擦りすぎて炎症を起こすほうが良くないのです。一番大事なことは、「頭皮を適...

あなたの髪の健康度チェックはこちらから!今日の記事手のひらへの刺激だけで、細毛が治ったという話抜け毛、白髪の予防対策として、手のひらにある」その名も「脱毛予防点」なるものがあるらしい。しかも何回も押すことによって効果が上がるとか。そのやり方は、左右の手のひらの「脱毛予防点」を、25回ずつ押すだけでいいという手軽さです。やるときは入浴後がいいらしい。やや強めに押すのがコツ手のひらへの刺激は筋肉を動か...

トップへ戻る