くせ毛は直らない?Do not curls straighten?

くせ毛は直らない?

くせ毛は直らない?

 

 

 

「くせ毛 」っていやですか?


朝起きたら、髪 が爆発していたとか、いくら梳いてもなおらないとか、結構マイナスのイメージが強いですよね。
でもこの「くせ毛」みんな同じだと思っている方もおられるようですが、実は大きく分けて2つあることをご存知ですか?
それは、「ウエーヴ」と「生える方向」なんです。

 

@ウエーヴ :
いわゆる「くせ毛」はこのウエーヴがかかった髪をさします。ズバリ、まるでパーマをかけたような具合です。この天然ウエーヴにも様々なものがあります。
a)ボディーパーマのようにゆるいウエーヴ。
「Cカール」ともいいますが、回転数が一回転いかないもの。
この手のウエーヴは非常にまとまりがよく、又ボリュームを出したり、毛の流れを作るのも用意に出来ると言う利点があります。その為このウエーヴをうらやましく思う方もおられるのですが、ご本人は好きではないと思って場合がよくあります。
b)一回転のウエーヴ:
これくらいになってくると梳き方によっては毛先がはねてきます。少し扱いにくくなります。
美容師がブローしますと上手くいきますが自分でやるとボリュームも変に出たり毛先が決まらない感じになります。
プロとアマの違いは「根元の処理」です。

 

プロは始めに根元にブラシを当て毛を起こします。ゆるいカーブを描くように毛を立ち上げるわけです。
何も難しいことはありません。毛を分けて、ブラシの左を毛の根元に当てると自然に毛は起きます。
そこへドライヤーで熱と風を当てます。(やけどにご注意!)
ここで肝心なのは「完全に乾くまで手を離さないこと」です。髪は「乾く瞬間に型がつく」からです。
ぬれると毛は元に戻ります。湿っていては型がつかないのです。
後は毛先をにゆっくりブラシを移動して行き、余熱で毛先を伸ばす、あるいは方向づけます。
カールの状態が強くなればなるほど、ウエーヴは強くなりますので、緩いときはソフトカーリー、男性でしたらニグロ、と言う風にスタイルは変わっていきます。
ストレートの髪の毛のは断面が「円形」をしています。
しかしウエーヴのあるくせ毛は、「楕円形」をしているのです。
その為引っ張る力が均等にかからないので、曲がっていくと言うわけなんです。
黒人さんのニグロヘアーでしたら、まるで「ひょうたん」や「何かの模様」のように複雑な断面図になっています。

 

A生える方向によるくせ毛:
これは厳密に言って「くせ毛」になります。
なぜなら一部が不自然な方向に生えていると髪はまとまりませんので、これもくせ毛になるわけです。
これもいろいろなケースがあります。
a)「つむじ」によるもの
「つむじ」つまり髪の渦の中心です。(昔は「左巻きはお頭が…」とか言いましたけどまったくの迷信です。)
口頭部の天辺にひとつあるのなら問題は無いのですが、人によっては渦が2つある方もおられます。
2つあると渦同士ぶつかって毛が立ったり変な方向に流れたりします。
立派なつむじがある方も結構おられます。これはかなりやっかいで、男性なら「ヘアーアイロン」で女性なら、根元に強いパーマをかける等、半ば「強制的」 に方向を変えるしか方法はありません。
後、女性ならロングヘアーにして髪の重みで押さえてしまうのも良いかもしれません。いずれにしろ根本的には直せません。

 

b)毛の生える角度によるもの

 

「髪の生える角度?」 と思われますが、一番わかりやすいのが「サイド(横)の髪」です。
同じような量、長さでも「立ちやすい、あるいは膨らみやすい人」とそうでもない人がおられます。短くしますとその差は歴然です。
同じ長さでも「毛が立つ人」 と「毛が立たない人」に分かれます。
その理由が「髪の生える角度」だと思います。つまり毛が頭皮に対して90度に近くなるにつれ髪は立ってくると言うことなんです。
これも変えることは出来ません。その為にその部分は3つの方法でしか抑えることが出来ないのです。それは…

 

ア)パーマやアイロンを強くかけて短くカットする。
イ)長い目にして髪の重さで押さえ込む。(女性ならあまり段をつけない)
ウ)まっすぐ刈り上げいてします。(普通、女性は無理ですよね)

 

等です。

 

この場合「髪の太さ」 は関係ありません。太くても毛は寝ますし、細くてもたちます。要は頭皮に対してまっすぐに生えているか斜めに生えているかの違いなんです。
ちなみに私の髪は普通の太さですが、一センチ位まで切ってもたたないんです。
前にむ向いて生えているからです。ですから「スポーツ刈り」は出来ません。

 

*ウエーブのくせ毛は治らない?

 

はっきりいいますと、基本的には一生直りません。 と言うか別に病気ではないのですが、毛根の形が原因なので、変わらないのです。
しかし、私の経験では年齢や何かのきっかけで変わる事があるように思われます。
つまり、「髪の質の変化」があるのでは?と思います。
特に多いのは、「ストレートがウエーヴヘアに」ですが、逆も多少あるように思います。
かくいう私も子供の時のほうがクリクリしていました。今は髪が短いことも一因ですが、幾分くせが減ったように思います。
ウエーヴのくせ毛は「ストレートパーマ」が有効です。
もちのほうは、大体「普通のパーマ」と同じです。理論は「やわらかくして固める」と言うもので、薬液を使い「還元→酸化」と言う過程で施術を行います。

 

英国伝統の高級ヘアブラシ【メイソンピアソン】
“ヘアブラシ界のロールスロイス”と称される、ロンドン製ハンドメイドヘアブラシ、
メイソンピアソンの日本総輸入代理店が直営するECサイトです。

 

 

*ウエーヴへアの 対策:

 

ウエーヴのくせ毛は「濡らすと伸びる」と言う修正を持っています。

 

パーマはその逆で「濡らすとウエーヴが出る」です。
その為毛先に少しムースやヘアオイル等をつけると良いと思います。
しかし注意してほしいことがあります。それは「根元には多くつけない 」事です。
出来れば毛先だけにした方が良いと思います。
理由は「根元が寝てしまうと毛先が跳ねやすくなる」からです。
ボリュームが出ないで毛先ばかりはねる…スタイルとしては最悪です。
たくさんつけてぺたっと寝かすならいざ知らず今時そんなスタイルをしている方はあまりおられません。
根元は自然に浮かして毛先だけを納めます。するとまとまりのあるスタイルが維持できます。
強いウエーブの場合はブローやセットが大変です。いっそのことそのまま乾かしてソフトカーリー調にするのもひとつの手です。
又、ウエーヴヘアは「なるべくショート」が原則です。
「回転数が落ちてウエーヴはゆるく」なります。どうしても長くしたい場合は
「トップを短くし、すそに行くにしたがって長く」します。(レイヤーカット)

 

 

ワンポイントアドヴァイス

 

腰の無いくせ毛は水で少し濡らしてから、スタイリング剤をつけます。
濡らしすぎると根元が寝るので、ご注意!
出来れば根元を先に乾かしてから先の水分のある部分のみにつけるとうまくいきますよ。
ロ)広がるような強いくせ毛はハードムースかハードジェルをつけ、荒めのブラシでスタイリングしましょう。
もちろん水分を十分に含ませてからスタイリング剤をつけます。

 

 

M字型用育毛剤ついに誕生!【薬用プランテル】

 

「薬用プランテル」はM字ハゲに特化した専用育毛剤になります。
発毛促進!血流促進!フケ・かゆみ抑制
の3大育毛成分による黄金トリプル発毛促進構造

 

トップへ戻る